2017年4月23日日曜日

抜け毛の季節



えーっと。
頭髪のことではありませんよ。

猫の毛のことです。

換毛期、始まってますね!

短毛の猫さんも、ブラシかけてあげるといいですよー。

私のおすすめは、ラバーブラシとのみとり櫛
去年のコレ!見てみてくださいにゃ!

長毛さんは、もつれたところを無理にとかして
痛い思いをしてしまい、
キライになってしまうこともあるので、
この本を参考にしてみるのはどうでしょう。

短毛さんも、もつれることはなくても
ニンゲンにとって、つい、やりたくなるブラッシングは
けっこう嫌われます。
それは、首の後ろからしっぽの付け根まで、
ざぁぁ~っと1ストロークでブラシを通してしまうこと。

おなかもしたくてたまりませんが、がまんがまん。
背中がいちばん生えかわります。

ママ猫に育ててもらった猫は、
とにかくひっきりなしに、いつでもかつでも
ママはなめてなめてきれいにしてくれました。


なかよし猫同士の毛づくろいは、気持ちいいらしい。
( 猫になって経験してみたい!)
( いや、今はいいです。痛いから!いいって!やめて~!)

ママ猫のベロの幅、舌の動きで、やってみると
ぐーぐー喉を鳴らして、
んーんーと目をつぶって身を任せてくれたり。


楽しいですよん。

たまには尽くされるモカ

若いおんニャのこに、いいねぇ~!
↑ クリックで応援してニャ!


今日も、お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
それではまた。


ゴールデンウィークの予約状況公開中
5月3・4・5日のご予約締切りましたm(__)m


キャットシッターねこの木の

2 件のコメント:

都香ゲ ねこ さんのコメント...

ブラッシングも奥が深いというか。
ちゃんと知識を身に着けて慎重にやっていかないと、猫ちゃんも嫌になっちゃうんですねw(゚o゚)w
なかよし猫同士の毛づくろい、僕も猫になってしてもらいたい!

佐々木知代 さんのコメント...

私が猫っ毛で、小さい頃に髪を結ぶのに櫛を入れられるのが大嫌いでした。もつれて痛いから!自分でできるようになると、加減できるからOKで、そういうところから思うのかもしれませんf(^^;
一度嫌だと思ったことを、大好きにすることは物凄くむずかしいですものね。
毛づくろいは、猫になってされてみたいですね~♪